債務整理

債務整理のメリットと注意点

Posted on

いま子供がいて債務整理をするのなら、気になるのは養育に必要なお金への影響です。例えば、子供の教育のためのローンが使えるか否かは、大きな問題です。

簡単に説明すると、教育ローンには民間の金融機関によるものと、国の教育ローンという日本政策金融公庫(日本公庫)によるものとに分けられます。

民間の金融機関も日本公庫も、共に信用情報機関に登録される情報から審査するので、金融事故歴が残っている状態ではどの教育ローンに申し込んでも、審査に通過することができなくなります。

債務整理の中でも、裁判所を通す自己破産や個人再生をしたのなら、確実に官報に個人情報が載ります。
官報は国の発行している新聞のようなもののことで、例えば自己破産のケースだと二度、あるいは、個人再生であれば三度、氏名と住所が公告されることになります。

公告される期間は、だいたい1ヶ月といったところですが、官報は日常的に見かけるものではありませんし、周囲の人間が見ていることは極めてレアなケースです。ちなみに、任意整理の場合は絶対に公告されません。

では、債務整理をすると、これが認められるまでの時間はどれくらいになるのでしょう。

当然ですが、債務整理の中でもどの方法で債務整理を行ったかによって手続きが終わるまでの期間も違ってきます。しかし、どんな方法を選んだとしても短くて3か月はかかると覚悟しておきましょう。

多重債務者の場合は、人によっては1年弱、またはそれ以上の時間が必要になる人もいるようです。

個人再生や自己破産などを含めた債務整理は、抱えきれない借金を整理できますから新しいスタートを切るのに有効な手段ですが、長ければ半年ほどの、手続きがかかることもあります。そうすると、この期間中にもお金が必要になることもあると思います。

でも、この期間に新たな債務を抱えるような行動は避けてください。仮に、このことが伝わってしまったら、裁判所での立場が悪くなって、免責許可が下りず借金の支払義務だけが残ることもあるため、絶対にやめましょう。 

市中の金融機関から借りれないといって闇金から借りたりしては絶対にいけません。債務整理をした意味が無くなると同時に高金利の借金地獄に落ちてしまいます。
もし、すでに闇金から借りている場合には闇金問題の解決に詳しい弁護士に相談しましょう。

 それから債務整理を行っても、身内の人が辛い思いをする点については、心配いりません。本人以外の家族が持っている財産はそのままで大丈夫ですし、ローンが組めなくなったりすることは絶対にありませんから安心してください。
ただし、債務の保証人が家族になっている場合は、この限りではありません。保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、気を付けなければなりません。

債務整理と闇金整理の問題点

Posted on

債務整理した後に住宅ローンの仮審査を銀行で申し込出来んでも融資されないことになっています。
なぜなら、債務整理を申請してしまうと、信用情報に載ってしまうからです。

また、債務整理が済んだ後は、携帯の支払いで分割ができない状況となります。これは携帯電話代の分割というものが、借金をする行為に当てはまるからです。そんなわけで、携帯電話を購入したいのであれば、一括でお金を払って購入することになります。

債務整理を弁護士、司法書士にしてもらうとき、忘れてならないのは着手金及び以後発生する費用のことです。着手金の平均的な金額は一社につき2万円程ということです。中には着手金0円を標榜する弁護士事務所も散見されますが、これは同時に過払い金還付請求がある人に限るので、依頼する時によく注意しましょう。

生活保護を受給している人も債務整理をやることは基本的に可能ですが、どうしても利用出来る方法は限られてしまうことが多いと思われます。
債務整理を担当すべき弁護士自体も依頼を受けない場合もありますので、実際に利用可能なのかを判断した上で、お願いしましょう。

闇金問題の解決も弁護士か司法書士に依頼す場合がほとんどかと思いますが、安心して解決をお任せできるのは闇金トラブルに対して豊富な経験と解決実績がある弁護士及び司法書士でないと難しいものです。
依頼する場合には、よくよく調べましょう。

ネットを検索すれば闇金被害の無料相談を受けている弁護士や司法書士事務所がありますので参考にしてください。

債務整理はどん底になる前にする

Posted on

闇金整理をしたことがある友人からその一部始終を教えてもらいました。月々がとても楽になったそうで心から良かったです。

自分にも色々なローンがありましたが、今は全て返し終えたので、私には関係ありません。

闇金整理が済んだ後は、携帯料金が分割で支払えない状態になります。これは携帯の料金の分割ということが、お金を借りる行為に当てはまるからです。
そんなわけで、携帯電話を買おうと思うのであれば、一括でお金を払って買うことになるのです。

債務整理をした場合、結婚の際に影響があるかもしれないと思っている人がいますが、債務整理なしに、多額の借金が残っているほうが問題です。

債務整理をしたせいで結婚に影響するデメリットとして考えられるのは、我が家を建てたい場合、債務整理後、7年間は住宅の月賦が組めない事です。7年間以上あけるとローンが組めます。債権調査票というのは、債務整理をする時に、どこからお金をどれくらい借りているのかをはっきりとさせるための書類で示したものです。

お金を借りている会社に頼むことで受け取れます。ヤミ金に関しては、対応してもらえないこともありますけれど、その際には、自分で書面を準備すれば大丈夫です。闇金整理を行っても生命保険をやめる必要がないことがあるでしょう。
Read the rest of this entry »

債務整理、4つの方法

Posted on

借金を清算し、不安から逃れる方法は次の自己破産、
任意整理、個人民事再生、特定調停の4種類あります。

以下に各制度のメリットとデメリットを説明します。

■ 自己破産

メリット
・債務の返済全てが免除され、借金がゼロになる。

デメリット
・債務者が所有していた資産は最低限生活に必要とさ
 れるものを残し、それ以外はすべて売却されて債権
 者に配当される。
・自己破産情報は官報、破産者名簿に記載される。
・住所の移転および長期旅行が制限される。
・信用調査会社に登録され新たなローン、クレジット
 カードの作成は、5~10年間はできない。

■ 任意整理

メリット
・官報も含め第三者には公表されない。

デメリット
・最低5年間は信用会社のブラックリストに記載される。
・債務者と債権者の和解が成立しないことがある
・弁護士費用が必要となる。

■ 個人民事再生

メリット
・債務者所有の資産(自宅、車、保険など)を手放さ
 なくてもよい。
・借金が原則5分の1(最低額100万円)に減額される。

デメリット
・官報に記載される
・5~7年は信用調査会社のブラックリストに掲載される。
・手続きに時間と手間が必要となる。
・専門的な知識が必要になるので弁護士に依頼する。


■ 特定調停

メリット
・特定調停の申立手続きは自分で簡単にできる。
・申立費用は1社当たり500円程度で格安である。
・支払済みの利息が見直しされる。
・調停成立後は将来利息の発生が停止される。
・秘密が守られる。

デメリット
・調停は平日に裁判所で行われるのでスケジュールを
 調整する必要がある。
・調停で合意された金額は5年を限度として完済され
 なければならない。
・5~7年は信用調査会社のブラックリストに掲載される。

闇金被害の無料相談所

自己破産の費用

Posted on

破産を選択する理由は、人それぞれにありますが、自己破産を
するにもタダとはなりません。

ある程度まとまった費用は必要にななります。

まぁ、ちょっと矛盾したような話ですが・・・。

「お金がないから破産するのであって、当然に破産するお金も
ない」というのが本当のところでしょうが、自己破産をするの
にもお金がかかります。

一般的な自己破産の申立てに必要なのが、印紙代1,500円、郵
便切手代4,100円、裁判所への予納金約22万円、弁護士費用が
15万円~40万円、合計すれば約375,600~625,600円が必要とな
ります。

え~っ、お金がないから自己破産するのに、こんなまとまった
お金が必要なのか~っと思われたでしょうね。。

もちろん、いずれの自己破産案件でも約40~60万円のお金が必
要になることはありません。
Read the rest of this entry »