闇金業者の見分け方

Posted on Updated on

闇金「闇金は違法です」っと文献やネットでも目にしますが警察が捜査し、逮捕しているような報道はあまり聞きません。

貸金業を営む場合には貸金業規制法という法律にのっとり都道府県から認可を受けなければなりません。

闇金と呼ばれる業者は、その認可を受けずに営業している業者を指しますが、それ以外にも認可を受けていることを隠れ蓑にして、違法な高金利で貸し付けをしている認定業者も闇金です。

無認可の闇金業者は摘発されることを恐れますから貸付に関する書類(消費貸借契約書、領収書など)を債務者に交付したりしません。

また、店舗をかまえるなんてこともありません。

当然なことですが、場所が特定できる固定電話などの使用はしません。

代わりに、勧誘時はレンタルサービスである「秘書代行」などを利用し、レンタルした固定電話にかかってきた新規顧客からの電話を自分の携帯電話に転送させて応対します。

これなら、固定電話からは足取りはつかめません。
しかし、あなたが闇金業者であることを見破る方法があります。

それは、相手からかかってきた電話番号が携帯電話で使用する090や080で始まる番号だったら、間違いなく闇金業者です。

顧客の中には、闇金業者であることを知らずに融資を受けて、高金利と過酷な取り立てに悩まされている人達が大勢います。

その轍を踏まないように、十分に注意しましょう。