債務整理と闇金整理の問題点

Posted on

債務整理した後に住宅ローンの仮審査を銀行で申し込出来んでも融資されないことになっています。
なぜなら、債務整理を申請してしまうと、信用情報に載ってしまうからです。

また、債務整理が済んだ後は、携帯の支払いで分割ができない状況となります。これは携帯電話代の分割というものが、借金をする行為に当てはまるからです。そんなわけで、携帯電話を購入したいのであれば、一括でお金を払って購入することになります。

債務整理を弁護士、司法書士にしてもらうとき、忘れてならないのは着手金及び以後発生する費用のことです。着手金の平均的な金額は一社につき2万円程ということです。中には着手金0円を標榜する弁護士事務所も散見されますが、これは同時に過払い金還付請求がある人に限るので、依頼する時によく注意しましょう。

生活保護を受給している人も債務整理をやることは基本的に可能ですが、どうしても利用出来る方法は限られてしまうことが多いと思われます。
債務整理を担当すべき弁護士自体も依頼を受けない場合もありますので、実際に利用可能なのかを判断した上で、お願いしましょう。

闇金問題の解決も弁護士か司法書士に依頼す場合がほとんどかと思いますが、安心して解決をお任せできるのは闇金トラブルに対して豊富な経験と解決実績がある弁護士及び司法書士でないと難しいものです。
依頼する場合には、よくよく調べましょう。

ネットを検索すれば闇金被害の無料相談を受けている弁護士や司法書士事務所がありますので参考にしてください。