自己破産の費用

Posted on

破産を選択する理由は、人それぞれにありますが、自己破産を
するにもタダとはなりません。

ある程度まとまった費用は必要にななります。

まぁ、ちょっと矛盾したような話ですが・・・。

「お金がないから破産するのであって、当然に破産するお金も
ない」というのが本当のところでしょうが、自己破産をするの
にもお金がかかります。

一般的な自己破産の申立てに必要なのが、印紙代1,500円、郵
便切手代4,100円、裁判所への予納金約22万円、弁護士費用が
15万円~40万円、合計すれば約375,600~625,600円が必要とな
ります。

え~っ、お金がないから自己破産するのに、こんなまとまった
お金が必要なのか~っと思われたでしょうね。。

もちろん、いずれの自己破産案件でも約40~60万円のお金が必
要になることはありません。

詳しく解説すると・・・

自己破産の手続きと合わせて同時廃止するという方法がありま
す。

これは破産をする人に財産がないことが明らかな場合において、
破産管財人を選任せずに、破産手続開始決定と同時に手続を終
了することを指します。

しかし、破産者が債務金額以上の不動産を所有してるか預貯金、
解約返戻金、退職金等が20万円以上あるときは同時廃止はでき
ません。

また、破産者が法人・個人事業主の場合、そして遊興などの浪
費や財産隠匿があり調査が必要なときにも同時廃止はできませ
ん。

もし、同時廃止になるのであれば、裁判所への予納金は約1万
円ほどですから費用は約21万円は軽減できます。